日高土肥歯科医院BLOG

2018.04.08更新

食べ残しやむせることが増えるといった口まわりの小さなトラブル、全身の衰えのサインととらえる「オーラルフレイル」という考え方が広がってきました。

噛みにくいと感じる

やわらかい食べ物を選ぶ

かむ力の低下 の繰り返しになると

食欲の低下

低栄養や筋力の低下

要介護リスクの増大


こんな時はオーラルフレイルに注意
1滑舌が悪いと言われる
2会話で「え?」と聞き返されるが増えた
3食べ残しが増えた
4飲み物などでむせることが増えた
5やわらかいものを選びがちになった
6かめない食べ物が増えた気がする
7歯の本数が20本未満


3つ以上あったらオーラルフレイルに気をつけましょう。

フレイル予防とは、運動、食と栄養、社会参加を三位一体で、継続していくことが大切です。

口腔の形態回復から機能回復が大切です
継続的歯周病治療を推薦します

投稿者: 日高土肥歯科医院

24時間WEB予約受付中
日高土肥歯科医院 メールでのお問い合わせはこちら
bnr_sp_contact02_1.png
お気軽にお問い合わせ下さい
初診診療の方はこちら 24時間WEB予約受付中
予約・お問い合わせはお気軽に
求人情報 日高土肥歯科医院ブログ リンク集 poic 歯医者ガイド