日高土肥歯科医院BLOG

2016.11.27更新

先週の17日は代診の三浦先生の誕生日でした。
真面目で温厚でやさしく子供にもやさしく接し先生に診察を希望するお子さんが増えてます。
三浦先生、これからも、急患のお口を通して、身体の健康を守ることを一緒やって
いきましょうか。

pic20161127222122_1.jpg

投稿者: 日高土肥歯科医院

2016.11.17更新

日高市高麗川の日高土肥歯科医院です。高麗川駅から徒歩3分、55年、地域医療に貢献をモットーにしております。
イギリスで最もよく使われているレメディーは30Cという濃度です。1Cは母液を100倍に薄めた後、振とうを行ったもので、30Cは希釈と振とうの作業を30回繰り返したものです。ここまで薄めると理論上では原材料の分子が含まれていないことになり、ホメオパシーの効果科学的には解明されていませんが、1988年の〈ネイチャー〉に、水の記憶・転写・情報能力に関する実験のレポートが搭載されました。これはホメオパシーのメカニズムを解明しようとする重要な研究です。
ホメオパシーが日本に紹介されたのは1990年代後半です。2000年にホメオパシーの普及を目的として、医師・歯科医師・獣医師・薬剤師で構成された日本ホメオパシー医学会が発足され、現在では現在では、ホメオパシーを取り入れる医療機関が出てきました

日高土肥歯科医院は貴方のお口を守りたい。
貴方の健康を守りたい。
貴方の健康を守ります。

投稿者: 日高土肥歯科医院

2016.11.05更新

日高市高麗川の日高土肥歯科医院です。高麗川駅から徒歩3分、55年、地域医療にをモットーにしております。
ホメオパシーは、病気の人を心理的・社会的側面を含めてホリスティックに理解し、その全体像を一つのパターンとして捉え、似たパターンを持つレメディー選んで服用し、自然治癒力に働きかけていきます。ホメオパシー療法には二つの基本原理があります。一つ目は、前回お伝えした(同種の法則〉であり、具体例として花粉症で鼻水に悩む人にタマネギのレメディーを、不眠症の人にコーヒーのレメディーを処方するなど、健康な人に与えたら同じような症状を引き起こすものを投与します。二つ目は、最少限度で効果的な投与です

日高土肥歯科医院は貴方のお口を守りたい。
貴方の健康を守りたい。
貴方の健康を守ります。

投稿者: 日高土肥歯科医院

24時間WEB予約受付中
日高土肥歯科医院 メールでのお問い合わせはこちら
bnr_sp_contact02_1.png
お気軽にお問い合わせ下さい
初診診療の方はこちら 24時間WEB予約受付中
予約・お問い合わせはお気軽に
求人情報 日高土肥歯科医院ブログ リンク集 poic 歯医者ガイド