インプラント

歯を失った場合の治療法として、インプラント、入れ歯、ブリッジがありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。
治療前に患者さんに合ったご提案を致しますのでお気軽にご相談ください。

インプラントとは

インプラントとは、歯が抜けた部分にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に上部構造(人工の歯)を装着する治療です。
入れ歯やブリッジに比較すると、違和感が少なく、自分の歯と同じような感覚でものを食べることができるのが最大のメリットで、咀嚼能率が天然歯の約80%と入れ歯やブリッジに比較すると高くなります。
ブリッジのように健康な歯を削ったり、入れ歯のように歯に負担をかけたりすることがありませんので、残っている歯を長持ちさせることができるのもおすすめするポイントです。
当院では、まず患者さんの口内状況を見たうえで、インプラント治療ができるかどうか、レントゲンで顎の骨の状態を検査したうえで治療計画を立てます。

インプラントと他治療の比較

インプラント

メリット
  • 顎の骨にしっかり固定するので、食物を噛む時に違和感をあまりない。
  • 食物をしっかりと噛めるので、消化器官への負担が少なくなる。
  • ブリッジのように、治療のために他の天然歯を削らずにすむので、歯全体のバランスが崩れにくい。
  • 見栄えが良く、天然の歯と遜色のないほど審美性が高い。
  • インプラントがあごの骨に力を加えるため、天然の歯と同様にあごの骨がやせるのを防いでくれる。
デメリット 
  • あごの骨にインプラントを埋め込むため、必ず手術が必要になる。
  • 糖尿病や腎臓病などの疾患がある場合には治療できないこともある。
  • 治療に保険が適用されないので、入れ歯やブリッジに比べて治療費が高い。

ブリッジ

メリット
  • 固定式なので装着していても違和感があまりない。
  • ブリッジの材料によっては、天然の歯と同様のきれいな仕上がりになる。
  • ブリッジの材料によっては保険が適用される。
  • インプラントと入れ歯の中間程度の咀嚼能率を得られる。
デメリット 
  • ブリッジを固定するために、両隣の健康な歯を削らなくてはならない。
  • ブリッジを支える歯に大きな力がかかると、支えとなる両隣の歯まで抜けてしまうリスクがある。
  • 空気が漏れて、発音が不明瞭になることがある。
  • 口の中が不衛生になりやすい。
  • 歯が抜けた部分のあごの骨がやせてしまう。

入れ歯

メリット
  • 手術を受ける必要がない。
  • 大規模な歯の欠損にも対応できる。
  • 保険が適用されるので割安。
デメリット 
  • 天然の歯はもちろん、インプラントに比較すると噛む力が弱い。
  • すぐにグラつきやすくなる。
  • 審美性がやや落ちる。
  • 空気が漏れて、発音が不明瞭になることがある。

ノンクラスプデンチャー(入れ歯)

メリット

ノンクラスプデンチャーは保険診療の入れ歯と異なり、 パッと見ただけでは分からない。
入れ歯のことで、金具を使用しないため歯にも馴染みやすく、 装着しているかどうかわからないほど天然歯に上手く溶け込みます。

ノンクラスプデンチャーとは・・・

歯ぐきと同じ色の樹脂で作った、 バネや金具を使わないソフトタイプの入れ歯です。
保険の入れ歯より薄いため、装着している感覚が少なく、食事をする際の味覚も比較的損ねません。 また、お口の色合いに合わせて作るため、見た目では入れ歯と分からないでしょう。

24時間WEB予約受付中
日高土肥歯科医院 メールでのお問い合わせはこちら
bnr_sp_contact02_1.png
お気軽にお問い合わせ下さい
初診診療の方はこちら 24時間WEB予約受付中
予約・お問い合わせはお気軽に
求人情報 日高土肥歯科医院ブログ リンク集 poic 歯医者ガイド