診療科目

一般歯科(むし歯治療)

虫歯は、自然治癒はしない

歯はいったん虫歯になってしまうと、自然治癒することはありません。
進行した虫歯は削ること、抜くことになる場合があります。
それ以外にも、かみ合わせなどの悪化で、食欲不振や消化不良などのさまざまなトラブルを引き起こしてしまうリスクがあります。
また、過去の治療で行った詰め物や被せ物の下で虫歯が再発してしまっていることも多く、そういった場合、痛みを感じ始めた頃にはすでにかなり進行していることが大半です。
歯は一度削ってしまうと再生せず、どうしても脆くなります。
そのため当院では、なるべく削らない治療をしますが、虫歯が進行してしまうと、どうしても削る割合が増加してしまいます。
そのためにも、定期的な歯のメンテナンスされることをおすすめしています。

小児歯科

子どもの虫歯は治療よりも予防が重要

昔に比べるとお子さまが虫歯にかかる割合は減っていますが、お子さんの歯で重要なのは進行しないうちに治療することです。 症状が進行してしまうと治療に時間がかかるとともに、体への負担も増えます。 乳歯が虫歯になっても「どうせ生え変わるから」と放置しておくと、永久歯に虫歯が移ったり、歯並びに影響したり、子供の成長に悪影響を与えてしまうことがあります。 そのため、当院にご来院のお子さんには、以下のような方法で予防に力を入れています

(1)ブラッシング指導

お子さん自身がきちんと歯を磨けるようにするのがポイントです。
そのために磨き残しをチェックしたうえで、お母さまと一緒に正しい歯みがきを指導します。 また、磨き残しの部分を知ることは、仕上げ磨きをするときも役立ちます

(2)歯石除去

昨今は食生活の影響で、お子さんでも歯石がつきやすくなっているので、お子さんを対象にした歯石除去も行っています。
歯みがきだけでは落とし切れない汚れを徹底的に除去するので、虫歯の予防になります。

(3)フッ素塗布

乳歯は酸に弱く虫歯になりやすいため、フッ素を塗布するのも虫歯予防としては効果的です。
ただし、その効果は永久に続くものではないため、定期的なメンテナンスが必要です。

予防歯科

プロによる歯のクリーニング「PMTC」で健康な口内環境を

予防歯科として、今、注目されているのが「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」です。
簡単にいうと、プロによる歯のクリーニングです。
日頃、いくら丁寧にブラッシングしてもどうしても歯の表面には、粘着性の細菌バイオフィルムやプラーク(歯垢)が付着するものです。
特殊な専用の器具を使い、それらを除去します。
ツルツルに磨かれた歯面は、バイオフィルムやプラーク(歯垢)が付着しにくくなるので、PMTCを定期的に行うことで、虫歯や歯周病を防ぎ、健康な口内環境を維持できます。
また、タバコを吸う方やお茶、コーヒー、ワインなどをよく飲む方は、定期的にPMTCを行うだけで白い歯を取り戻すことができます

PMTCの手順

1)磨き残しやプラーク(歯垢)のある箇所を確認

プラーク(歯垢)には丁寧にブラッシングしても落とせないことがあります。
専用の染色剤を使ってその場所を確認します。

2)歯の表面のクリーニング

専用のクリーニング用のペーストを、歯の表面に塗り、専用ブラシで汚れをこすり落とします。
とくに(1)で確認した箇所は入念に行います。

3)歯と歯の間のクリーニング

歯と歯の間は磨きにくく、プラーク(歯垢)などがたまりやすい部分です。
プラスチックのチップ、デンタルフロスを使い入念にクリーニングします。

4)歯の表面を磨く

研磨ペーストを塗り、歯を傷つけないよう柔らかいラバーカップで歯の表面を磨きます。

5)仕上げ

表面にフッ素を塗り終了です。フッ素は歯を酸から守るとともに、再石化を促します。

24時間WEB予約受付中
日高土肥歯科医院 メールでのお問い合わせはこちら
bnr_sp_contact02_1.png
お気軽にお問い合わせ下さい
初診診療の方はこちら 24時間WEB予約受付中
予約・お問い合わせはお気軽に
求人情報 日高土肥歯科医院ブログ リンク集 poic 歯医者ガイド